郭涼(Guō Liáng)

説明

 (?ー?)【後漢】の武将。字は公文。【右北平郡】の人。【兵曹掾】、【廣武侯】、【鴈門太守】。身長は8尺、勇猛な武将であり、かつ経書に通じ知略もあったため北方で名を知られていた*1。はじめは【彭寵】との戦いに功があり、後に鴈門太守となると【盧芳】の勢力下にあった同郡を平定した。

年譜

 ●【幽州】牧の【朱浮】に兵曹掾として招かれ、彭寵との戦いに功があったため廣武侯に封じられた*2

 ●33年(建武9年)8月、【杜茂】と共に鴈門郡繁畤縣に拠る盧芳勢の【尹由】を攻めるが【賈覽】率いる【匈奴】兵の救援もあり敗れた*3

 ●36年(建武12年)9月、鴈門郡平城縣の【賈丹】、【霍匡】、【解勝】の3名が尹由を殺害して降ってくると、彼らを侯に封じ*4、また同郡内の豪右である【郇氏】の配下を殺害し弱体化させ鎮圧し、その後一ヶ月で鴈門郡を平定した*5

 ●子は【中郎】、左右の【宿衞】として【光武帝】に引き抜かれた*6

*1:

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 涼字公文,右北平人也。身長八尺,氣力壯猛,雖武將,然通經書,多智略,尤曉邊事,有名北方。

*2:

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 初,幽州牧朱浮辟為兵曹掾,擊彭寵有功,封廣武侯。

*3:

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 九年,與鴈門太守郭涼擊盧芳將尹由於繁畤,芳將賈覽率胡騎萬餘救之,茂戰,軍敗,引入樓煩城。

*4:

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 丹等聞芳敗,遂共殺由詣郭涼;涼上狀,皆封為列侯,詔送委輸金帛賜茂、涼軍吏及平城降民。

*5:

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 自是盧芳城邑稍稍來降,涼誅其豪右郇氏之屬,鎮撫羸弱,旬月閒鴈門且平,芳遂亡入匈奴

*6:

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 帝擢涼子為中郎,宿衞左右。

杜元(Dù Yuán)

説明

 (?ー?)後漢の武将。父は【杜茂】。70年(永平13年)、【東平王】の謀反に連座して、死一等を減じられ、国外退去となった*1

*1:

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 子元嗣,永平十四年,坐與東平王等謀反,減死一等,國除。

杜茂(Dù Mào)

説明

 (?ー43年)後漢の武将。字は諸公。南陽郡冠軍縣の人*1。子は【杜元】。雲台二十八将の第20位。

 23年(更始元年)、河北にいた【劉秀】に寄り中堅將軍となる。以降、劉秀の家臣として戦いに従った*2

 25年(建武元年)に劉秀が即位すると、7月壬午、大將軍に任命され樂鄉侯に封じられる*3。また真定縣で五校賊を討ち、廣平縣を降した*4。翌26年(建武2年)には苦陘侯に封じられ*5、春には【王梁】、【朱祐】、【賈復】、【堅鐔】、【王霸】、【劉隆】、【馬武】、【陰識】と共に鄴郡東部の漳水上において檀鄉軍を破り10万余人を降伏させた*6。続いて【王梁】と共に魏郡、清河郡、東郡で五校賊を討ち【杜猛】、【董敦】ら持節大將30人を降し、三郡に平穏を取り戻し、交通網を回復させた*7

 27年(建武3年)1月甲子、持節を授かり驃騎大將軍に任命される*8。沛郡の芒縣を降し*9、【寇恂】の盗賊討伐に将兵を遣わし救援した*10。また、【陳俊】と共に廣樂縣の【蘇茂】を包囲し*11、西からの【佼彊】の侵攻を迎え撃つ等*12

 28年(建武4年)、王梁と共に佼彊・蘇茂と戦い大梁と齧桑縣を降した*13

 29年(建武5年)春、馬武と共に西防縣の佼彊を数ヶ月かけて降した*14

 31年(建武7年)、詔を受け、兵を率いて晉陽縣、廣武縣に屯田し、外夷の侵攻に備えた*15

 33年(建武9年)8月、王覇や【郭涼】と共に繁畤縣の【尹由】を攻めるが救援に来た【賈覽】と戦い破れ樓煩城に引いた*16

 翌34年(建武10年)、王覇と合流して再度崞縣、繁畤縣の尹由を攻めるが倒せなかった*17

 36年(建武12年)、刑を軽減された受刑者を率い北辺に駐屯し亭を築き、烽燧を補修した。また、屯田を建て驢車の往来を増やし、金帛繒絮を輸送し兵士や領民に下賜した*18

 37年(建武13年)、食邑が加増され、脩侯に封じられた。また、王覇と共に刑を軽減された受刑者飛狐道から平城縣までの防壁と亭を築いた*19

 39年(建武15年)、軍の俸給や絹を廃止し、軍吏に人を殺させた罪で驃騎大將軍を免官となる。また、食邑を減らされ、參蘧鄉侯に封じられる*20

 43年(建武19年)、逝去した*21

*1:

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 杜茂字諸公,南陽冠軍人也。

*2:

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 初歸光武於河北,為中堅將軍,常從征伐。

*3:

後漢書』巻一上光武帝劉秀紀第一上

 壬午,以大將軍吳漢為大司馬,偏將軍景丹為驃騎大將軍,大將軍耿弇為建威大將軍,偏將軍蓋延為虎牙大將軍,偏將軍朱祐為建義大將軍, 中堅將軍杜茂為大將軍。

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 世祖即位,拜大將軍,封樂鄉侯。

*4:

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 北擊五校於真定,進降廣平。

*5:

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 建武二年,更封苦陘侯。

*6:

後漢書』巻十八吳蓋陳臧列傳第八

 建武二年春,漢率大司空王梁,建義大將軍朱祐,大將軍杜茂 ,執金吾賈復,揚化將軍堅鐔,偏將軍王霸,騎都尉劉隆、馬武、陰識,共擊檀鄉賊於鄴東漳水上,大破之,降者十餘萬人。

*7:

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 與中郎將王梁擊五校賊於魏郡、清河、東郡,悉平諸營保,降其持節大將三十餘人,[二]續漢書曰:「降其渠帥大將軍杜猛、持節光祿大夫董敦等。」三郡清靜,道路流通。

*8:

後漢書』巻一上光武帝劉秀紀第一上

 三年春正月甲子,以偏將軍馮異為征西大將軍,杜茂為驃騎大將軍,大司徒鄧禹及馮異與赤眉戰於回溪,禹、異敗績。

*9:

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 明年,遣使持節拜茂為驃騎大將軍,擊沛郡,拔芒。

*10:

後漢書』巻十六鄧寇列傳第六

 三年,遣使者即拜為汝南太守,又使驃騎將軍杜茂將兵助恂討盜賊。

*11:

後漢書』巻十八吳蓋陳臧列傳第八

 又率驃騎大將軍 杜茂 、彊弩將軍陳俊等,圍蘇茂於廣樂。

*12:

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 時西防復反,迎佼彊。

*13:

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 進與驃騎大將軍杜茂擊佼彊、蘇茂於楚、沛閒,拔大梁、齧桑,而捕虜將軍馬武、偏將軍王霸亦分道並進,歲餘悉平之。

*14:

後漢書』巻十二王劉張李彭盧列傳第二

 五年,遣驃騎大將軍杜茂攻佼彊於西防,彊與劉紆奔董憲。

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 五年春,茂率捕虜將軍馬武進攻西防,數月拔之,彊奔董憲。

*15:

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 東方既平,七年,詔茂引兵北屯田晉陽、廣武,以備胡寇。

*16:

後漢書』巻一下光武帝劉秀紀第一下

 驃騎大將軍杜茂與賈覽戰於繁畤,茂軍敗績。

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 九年,與鴈門太守郭涼擊盧芳將尹由於繁畤,芳將賈覽率胡騎萬餘救之,茂戰,軍敗,引入樓煩城。

*17:

後漢書』巻二十銚期王霸祭遵列傳第十

 霸及諸將還入鴈門,與驃騎大將軍杜茂 會攻盧芳將尹由於崞、繁畤,不剋。

*18:

後漢書』巻一下光武帝劉秀紀第一下

 遣驃騎大將軍杜茂將眾郡施刑屯北邊,築亭候,修烽燧。

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 十二年,遣謁者段忠將眾郡㢮刑配茂,鎮守北邊,因發邊卒築亭候,修烽火,又發委輸金帛繒絮供給軍士,并賜邊民,冠蓋相望。茂亦建屯田,驢車轉運。

*19:

後漢書』巻二十銚期王霸祭遵列傳第十

 詔霸將㢮刑徒六千餘人,與 杜茂治飛狐道,堆石布土,築起亭障,自代至平城三百餘里。

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 十三年,增茂邑,更封脩侯。

*20:

後漢書』巻一下光武帝劉秀紀第一下

 是歲,驃騎大將軍杜茂免。

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 十五年,坐斷兵馬稟縑,使軍吏殺人,免官,削戶邑,定封參蘧鄉侯。

*21:

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 十九年,卒。

盧芳(Lú Fāng)

説明

 (?ー?)字は君期。安定郡三水縣の人で左谷に住んでいた。兄は【盧禽】、弟は【盧程】。新の時代、人々が漢を思慕しているのを知り安定郡で【武帝】の曾孫の劉文伯と自称していた*1。新朝末期、安定郡以西で匈奴や羌が蜂起するとこれを抑えるため、【王莽】に騎都尉に任じられた*2

 25年(更始3年)に【更始帝】が亡くなると、三水縣の豪族に担ぎあげられ、漢の宗廟の継承を宣言。上將軍、西平王を名乗り、羌や匈奴に使者を送り和親した。また、【單于輿】に招かれ、匈奴の地に入り漢帝として擁立された*3

 29年(建武5年)、單于輿の求めに応じた【李興】、【閔堪】に迎えられ、五原郡九原縣に入り拠点とした。12月、天子を自称して五原郡、朔方郡、雲中郡、定襄郡、鴈門郡を取り各郡に太守を設置。更に匈奴の兵を用いて後漢の北辺を侵略した*4。また、翌30年(建武6年)6月には配下の【賈覽】が代郡太守の【劉興】を討ち取り代郡も勢力下に入れた*5

 しかし31年(建武7年)冬、理由は不明だが李興を殺害。それにより朔方太守の【田颯】と雲中太守の【橋扈】が後漢に寝返ることになった*6

 33年(建武9年)冬、代郡高柳縣を拠点とし、匈奴の兵を連れてたびたび後漢の国境を攻めるが故安縣では【王常】に敗れ*7、拠点であった高柳縣は34年(建武10年)1月、【呉漢】、【王覇】、【陳訢】らに落とされた*8。そして続く36年(建武12年)には賈覽と共に雲中郡を攻めるが失敗し、九原縣の留守居であった【隨昱】に裏切られた。また、9月には鴈門郡平城縣を守っていた配下の【尹由】も部下に裏切られて殺害されてしまった*9。次々に拠点を失ったため、最終的には37年(建武13年)2月に10数騎の兵のみを連れて匈奴の地に逃れた*10

 逃亡中は匈奴烏桓の兵と共に後漢の国境を多数侵していたが、39年(建武15年)2月に代郡の高柳縣に戻ると翌40年(建武16年)10月に【光武帝】に降伏の使者を送る。光武帝からは匈奴との交渉役を期待されて許されると、繒2万匹を賜り、代王の地位に据えられた*11

 しかし41年(建武17年)1月、詔により洛陽に入朝する段に突如入朝は翌年に変更するよう命じられた。これに不審を感じて後漢に対し叛乱を起こし、閔堪、【閔林】と共に数ヶ月間戦った*12。そして42年(建武18年)5月、匈奴の兵に迎えられ妻子と共に匈奴の地に入る。その後は同地に留まり続け、10数年後、病死した*13

*1:

後漢書』巻十二王劉張李彭盧列傳第二

 盧芳 字君期,安定三水人也,居左谷中,王莽時,天下咸思漢德,芳由是詐自稱武帝曾孫劉文伯。

*2:

後漢書』巻十二王劉張李彭盧列傳第二

 王莽末,乃與三水屬國羌胡起兵。更始至長安,徵芳為騎都尉,使鎮撫安定以西

*3:

後漢書』巻一上光武帝劉秀紀第一上

 赤眉殺更始,而隗囂據隴右,盧芳起安定。

後漢書』巻十二王劉張李彭盧列傳第二

 更始敗,三水豪傑共計議,以芳劉氏子孫,宜承宗廟,乃共立芳為上將軍、西平王,使使與西羌、匈奴結和親。
 乃使句林王將數千騎迎芳,芳與兄禽、弟程俱入匈奴。單于遂立芳為漢帝。以程為中郎將,將胡騎還入安定。

*4:

後漢書』巻一上光武帝劉秀紀第一上

 十二月,盧芳自稱天子於九原。

後漢書』巻十二王劉張李彭盧列傳第二

 五年,李興、閔堪引兵至單于庭迎芳,與俱入塞,都九原縣。掠有五原、朔方、雲中、定襄、鴈門五郡,並置守令,與胡通兵,侵苦北邊。

後漢書』巻三十上蘇竟楊厚列傳第二十上

 建武五年冬,盧芳略得北邊諸郡,帝使偏將軍隨弟屯代郡。

*5:

後漢書』巻一下光武帝劉秀紀第一下

 代郡太守劉興擊盧芳將賈覽於高柳,戰歿。

後漢書』巻十二王劉張李彭盧列傳第二

 六年,芳將軍賈覽 將胡騎擊殺代郡太守劉興。

*6:

後漢書』巻一下光武帝劉秀紀第一下

 冬,盧芳所置朔方太守田颯、雲中太守喬扈各舉郡降。

後漢書』巻十二王劉張李彭盧列傳第二

 芳後以事誅其五原太守李興兄弟,而其朔方太守田颯、雲中太守橋扈恐懼,叛芳,舉郡降,光武令領職如故。

後漢書』志第十八五行六

 冬,盧芳所置朔方、雲中太守各舉郡降。

*7:

後漢書』巻十五李王鄧來列傳第五

 九年,擊內黃賊,破降之。後北屯故安,拒盧芳。

後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二

 時 盧芳 據高柳,與匈奴連兵,數寇邊民,帝患之。

*8:

後漢書』巻二十銚期王霸祭遵列傳第十

 明年,霸復與吳漢等四將軍六萬人出高柳擊 賈覽,詔霸與漁陽太守陳訢將兵為諸軍鋒。匈奴左南將軍將數千騎救覽,霸等連戰於平城下,破之,追出塞,斬首數百級。

*9:

後漢書』巻一下光武帝劉秀紀第一下

 秋九月,平城人賈丹殺盧芳將尹由來降。

*10:

後漢書』巻一下光武帝劉秀紀第一下

 盧芳自五原亡入匈奴

後漢書』巻十二王劉張李彭盧列傳第二

 十二年,芳與賈覽共攻雲中,久不下,其將隨昱留守九原,欲脅芳降。芳知羽翼外附,心膂內離,遂棄輜重,與十餘騎亡入匈奴,其眾盡歸隨昱。

*11:

後漢書』巻二十銚期王霸祭遵列傳第十

 是時, 盧芳與匈奴烏桓連兵,寇盜尤數,緣邊愁苦。

後漢書』巻一下光武帝劉秀紀第一下

 盧芳自匈奴入居高柳。

後漢書』巻一下光武帝劉秀紀第一下

 盧芳遣使乞降。

後漢書』巻十二王劉張李彭盧列傳第二

 十六年,芳復入居高柳,與閔堪兄林使使請降。乃立芳為代王,堪為代相,林為代太傅,賜繒二萬匹,因使和集匈奴

後漢書』志第十天文上

 盧芳從匈奴入居高柳,至十六年十月降,上璽綬。

*12:

後漢書』巻十二王劉張李彭盧列傳第二

 詔報芳朝明年正月。其冬,芳入朝,南及昌平,有詔止,令更朝明歲。芳自道還,憂恐,乃復背叛,遂反,與閔堪、閔林相攻連月。

*13:

後漢書』巻一下光武帝劉秀紀第一下

 盧芳復亡入匈奴

後漢書』巻十二王劉張李彭盧列傳第二

 匈奴遣數百騎迎芳及妻子出塞。

後漢書』巻十二王劉張李彭盧列傳第

 芳留匈奴中十餘年,病死。

盧禽(Lú Qín)

説明

 (?ー?)【安定郡】三水縣の人。【盧芳】、【盧程】の兄。25年(更始3年)に【更始帝】が亡くなった後、【單于輿】に招かれた盧芳と共に【匈奴】の地に入った*1

*1:

後漢書』巻十二王劉張李彭盧列傳第二

 芳與兄禽、弟程俱入匈奴