後漢

郭涼(Guō Liáng)

説明 (?ー?)【後漢】の武将。字は公文。【右北平郡】の人。【兵曹掾】、【廣武侯】、【鴈門太守】。身長は8尺、勇猛な武将であり、かつ経書に通じ知略もあったため北方で名を知られていた*1。はじめは【彭寵】との戦いに功があり、後に鴈門太守となると【…

杜元(Dù Yuán)

説明 (?ー?)後漢の武将。父は【杜茂】。70年(永平13年)、【東平王】の謀反に連座して、死一等を減じられ、国外退去となった*1。 *1: 『後漢書』巻二十二朱景王杜馬劉傅堅馬列傳第十二 子元嗣,永平十四年,坐與東平王等謀反,減死一等,國除。

杜茂(Dù Mào)

説明 (?ー43年)後漢の武将。字は諸公。南陽郡冠軍縣の人*1。子は【杜元】。雲台二十八将の第20位。 23年(更始元年)、河北にいた【劉秀】に寄り中堅將軍となる。以降、劉秀の家臣として戦いに従った*2。 25年(建武元年)に劉秀が即位すると、7月壬午、大將軍…

盧芳(Lú Fāng)

説明 (?ー?)字は君期。安定郡三水縣の人で左谷に住んでいた。兄は【盧禽】、弟は【盧程】。新の時代、人々が漢を思慕しているのを知り安定郡で【武帝】の曾孫の劉文伯と自称していた*1。新朝末期、安定郡以西で匈奴や羌が蜂起するとこれを抑えるため、【王…

隨昱(Suí Yù)

説明 (?ー?)【盧芳】配下の武将。五原郡の人。弟は【隨憲】。25年(更始3年)に【更始帝】が亡くなり、各地で多くの群雄が挙兵する中、同様に将軍を自称して挙兵した*1が、その後、盧芳の配下となっていた。 36年(建武12年)、盧芳の雲中郡攻略時は九原縣の留…

隨憲(Suí Xiàn)

説明 (?ー?)【盧芳】配下の武将。五原郡の人。兄は【隨昱】。36年(建武12年)、隨昱が【光武帝】に鐫胡侯に封じられた際に、一緒に武進侯に封じられた。*1 *1: 『後漢書』巻十二王劉張李彭盧列傳第二 昱乃隨使者程恂詣闕。拜昱為五原太守,封鐫胡侯,昱弟憲…

閔林(Mǐn Lín)

説明 (?ー?)【盧芳】配下の武将。代郡の人。弟は【閔堪】。40年(建武16年)、匈奴の地から高柳縣に戻った盧芳から【光武帝】への降伏の使者として遣わされる*1。光武帝からは代郡の太傅に任じられたが、翌41年(建武17年)、盧芳が光武帝に叛くとそれに従い数…

閔堪(Mǐn Kān)

説明 (?ー?)【盧芳】配下の武将。代郡の人。兄は【閔林】。25年(更始3年)に【更始帝】が亡くなり、各地で多くの群雄が挙兵する中、同様に将軍を自称して挙兵した*1。 29年(建武5年)、【單于輿】の求めに応じ【李興】と一緒に盧芳を迎え、共に五原郡九原縣…

賈丹(Jiǎ Dān)

説明 (?ー?)【盧芳】配下・【尹由】の武将。鴈門郡平城縣の人*1。 尹由と共に平城縣を守っていたが、36年(建武12年)9月、盧芳の雲中郡攻略の失敗を聞き【霍匡】、【解勝】と共に尹由を裏切り殺害し後漢の【郭涼】に降った。その後、郭涼により列侯に封じら…

霍匡(Huò Kuāng)

説明 (?ー?)【盧芳】配下・【尹由】の武将。鴈門郡の人。 尹由と共に平城縣を守っていたが、36年(建武12年)9月、盧芳の雲中郡攻略の失敗を聞き【賈丹】、【解勝】と共に尹由を裏切り殺害し後漢の【郭涼】に降った。その後郭涼により列侯に封じられたという…

田颯(Tián Sà)

説明 (?ー?)【盧芳】配下、後漢の武将。朔方郡の人。25年(更始3年)に【更始帝】が亡くなり、各地で多くの群雄が挙兵する中、同様に将軍を自称して挙兵した*1。 その後盧芳に従い、29年(建武5年)に盧芳軍の勢力下に入った朔方郡の太守となっていたが、31年(…

橋扈(Qiáo Hù)

説明 (?ー?)【盧芳】配下の武将。名前表記は喬扈とも。 29年(建武5年)に盧芳軍の勢力下に入った雲中郡の太守となっていたが、31年(建武7年)冬、【李興】が盧芳に殺害されたのを見て恐れ【光武帝】に降った。光武帝からはそのまま雲中太守に任じられた*1。 …

程恂(Chéng Xún)

説明 (?ー?)【盧芳】配下・【隨昱】の武将。36年(建武12年)、盧芳を裏切った隨昱に【光武帝】への使者として遣わされた*1。 *1: 『後漢書』巻十二王劉張李彭盧列傳第二 昱乃隨使者程恂詣闕。